本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

アサギマダラ

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

アサギマダラ(浅葱斑)
学 名 Parantica sita
科 名 タテハチョウ科
亜科名 マダラチョウ亜科 
属 名 マダラチョウ族
属 名 アサギマダラ属
時 期 年2〜3回、4月〜10月
分 布 本州(関東以西)〜沖縄
大きさ (前翅長)43-65mm
(開張)100mm前後
生育地 市街地から高山帯まで

<特徴>
 成虫は春から秋まで、市街地から高山帯までいろいろなところで見られるマダラチョウの仲間です。翅の裏側と表側は黒褐色の地に浅葱(アサギ)色の斑模様が見られますが、後翅の外縁は赤褐色になります。ほとんどはばたかず、ふわふわと舞っていますが、移動性が強く、長距離移動をする渡り蝶として知られています。幼虫は、ガガイモ科植物(キジョラン、イケマなど)を食べます。

<名前の由来>
 葱(ねぎ)の若芽に因んだ青み勝ちの浅い緑青色(アサギ)をした斑(マダラ)模様のある蝶という意味で命名されました。

<備考>
 季節型はありません。


☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★☆☆☆
 ほぼ市内全域で、春から秋まで見られる可能性がありますが、山地の方が頻度が高く、丘陵地や平地では稀です。市内でも東部丘陵でキジョラン等に産卵することが知られていますが、春に北方や標高の高いところに移動し、秋になると南方へ長距離移動する習性があります。しかし、その途中で平地へ立ち寄ることがあるので、その時に平地でも観察できる可能性があります。成虫は、ヒヨドリバナ、ヨツバヒヨドリなどの花を好み、地表でも吸水します。

☆生態写真

アサギマダラ♂(タテハチョウ科) 2019年10月10日午前、西尾町で撮影

 2019年10月10日午前、西尾町で撮影しましたが、セイタカアワダチソウの花で吸蜜しているところを望遠で捉えました。

アサギマダラ♂(タテハチョウ科) 2020年10月12日午前、外之原町で撮影

 2020年10月12日午前、外之原町で撮影しましたが、地表に止まっているところを望遠で捉えました。

アサギマダラ♂(タテハチョウ科) 2020年10月24日昼、築水池周辺(廻間町)で撮影

 2020年10月24日昼、築水池周辺(廻間町)で撮影しましたが、セイタカアワダチソウの花で吸蜜しているところを望遠で捉えました。

☆雌雄比較

オス  メス
   
アサギマダラ♂(タテハチョウ科) 2006年8月6日撮影 アサギマダラ♀(タテハチョウ科) 2006年8月6日撮影

 オスは、後翅に暗色の性斑が表れるので、識別できます。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp


ナビゲーション

inserted by FC2 system