本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

アサマイチモンジ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

アサマイチモンジ(浅間一文字)
学 名 Limenitis glorifica
科 名 タテハチョウ科
亜科名 イチモンジチョウ亜科
族 名 イチモンジチョウ族
属 名 オオイチモンジ属
時 期 年2〜3回、5月〜10月
分 布 本州
大きさ (前翅長)27-38mm
(開張)45-55mm
生育地 雑木林周辺、都市郊外など

<特徴>
 年2〜3回発生し、成虫は春から初秋にかけて本州の雑木林周辺、都市郊外などで見られるタテハチョウの一種です。翅の裏側は、黄褐色の地に、白帯と黒の斑模様が見られます。翅の表側は、黒褐色の地に白い帯が目立ち、羽を開いているときには、1本の帯のように見えます。イチモンジチョウと酷似していますが、前翅第3室の白斑が明瞭なことと、外縁の白色斑紋がはっきりと現れないことで区別します。あまり羽をはばたかずに滑空するように飛翔しますが、比較的低いところを飛び、時々枝や葉にとまるので撮影出来ます。幼虫は、スイカズラ科植物(スイカズラ、ヒョウタンボク、タニウツギ、ハコネウツギ、ニシキウツギなど)を食べます。

<名前の由来>
 羽を開くと、前翅と後翅の模様が繋ながって、白い帯が、一(イチ)の文字(モンジ)のように見え、最初に浅間山で発見されたのでこの名が付きました。

<備考>
 季節型はありません。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★☆☆☆
 市内では、東部地区中心に平野部から低山地にかけて広く分布していて、イチモンジチョウより優勢です。幼虫の食餌植物であるスイカズラ科植物(スイカズラ、ニシキウツギなど)やイボタノキの花などで観察することが出来ます。

☆生態写真

アサマイチモンジ(タテハチョウ科) 2019年7月12日午後、西尾町で撮影

 2019年7月12日午後、西尾町で撮影しましたが、葉上に止まっていたところを望遠で捉えました。

アサマイチモンジ(タテハチョウ科) 2019年8月5日午前、内津町で撮影

 2019年8月5日午前、内津町で撮影しましたが、葉上に止まって翅を開閉していました。

アサマイチモンジ(タテハチョウ科) 2020年5月20日午前、玉野町で撮影

 2020年5月20日午前、玉野町で撮影しましたが、フェンスに止まっているところを望遠で捉えました。

アサマイチモンジ(タテハチョウ科) 2020年7月20日午前、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影

 2020年7月20日午前、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影しましたが、飛び回っていたところを望遠で捉えました。

アサマイチモンジ(タテハチョウ科) 2020年9月21日午後、大池緑地(西山町)で撮影

 2020年9月21日午後、大池緑地(西山町)で撮影しましたが、葉上や地表に止まっていたところを望遠で捉えました。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system