本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> アゲハチョウ科

ギフチョウ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

ギフチョウ(岐阜蝶)
学 名 Luehdorfia japonica
科 名 アゲハチョウ科 
亜科名 ウスバアゲハ亜科
族 名 ギフチョウ族
属 名 ギフチョウ属
時 期 年1回、3月〜4月
寒冷地では5月〜6月
分 布 本州(秋田県〜山口県)
大きさ (前翅長)28-35mm
(開張)50-60mm
生育地 平地〜山地の落葉広葉樹林など
<特徴>
 早春に年1回だけ成虫が出現する「スプリング・エフェメラル(春のはかない命)」蝶の一つで、平地〜山地の落葉広葉樹林などで見られるアゲハチョウの仲間です。翅の表側も裏側も、黄白色地に黒い縞模様が目立ちます。後翅の亜外縁や肛角部近くに赤色や青色の斑紋があり、尾状突起もあります。よく似ているのにヒメギフチョウがいますが、ヒメギフチョウの方がやや小さく、後翅外縁ぶに橙色の斑紋があるのがギフチョウで、黄色の斑紋はヒメギフチョウとなって識別されます。森林の低い位置ではややゆるやかに飛びますが、高いところでは早く飛ぶ傾向があります。幼虫は、カンアオイ類、ウスバサイシンなど(ウマノスズクサ科)を食べます。

<名前の由来>
 最初、岐阜(ギフ)県で発見されたので、その地名をとって命名されました。

<備考>
 オスと比べ、メスは丸みがあり、胸部と腹部の長毛が少なく、黒色の受胎嚢を形成します。環境省レッドデータブック絶滅危惧U類

☆生息状況
●環境省レッドリスト 絶滅危惧U類(VU)

●愛知県レッドデータブック(2020) 絶滅危惧U類(VU)

●春日井市内での希少度 ★★★★☆
 尾張東部丘陵から豊田市にかけて、平地〜山地の落葉広葉樹林などで、幼虫の食餌植物であるヒメカンアオイ、スズカカンアオイが自生する周辺に生息しています。成虫の蜜源としているカタクリ、スミレなどの花で観察することもできます。

☆生態写真

ギフチョウ♂(アゲハチョウ科) 2019年4月5日午後、東部丘陵で撮影

2019年4月5日午後、東部丘陵で撮影しましたが、1頭だけ飛んでいて、花や地表に止まったりしていました。

ギフチョウ♂(アゲハチョウ科) 2019年5月3日午後、東部丘陵で撮影

 2019年5月3日午後、東部丘陵で撮影しましたが、葉に止まったりしているところを望遠で捉えました。

ギフチョウ(アゲハチョウ科) 2021年4月5日午前、東部丘陵で撮影

 2021年4月5日午前、東部丘陵で撮影しましたが、コバノミツバツツジの花で吸蜜しているところを接写しました。

前種へ アゲハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system