本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

ジャノメチョウ

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

ジャノメチョウ(蛇目蝶)
学 名 Minois dryas
科 名 タテハチョウ科
亜科名 ジャノメチョウ亜科
族 名 ジャノメチョウ族
属 名 ジャノメチョウ属
時 期 年1回、7月〜8月
分 布 北海道〜九州
大きさ (前翅長)28-42mm
(開張)50-70mm
生育地 草原、河川堤防、林縁など

<特徴>
 年1回の発生で、夏に成虫が出現し、草原、河川堤防、林縁などで普通に見られる大型のジャノメチョウです。翅の裏側は、茶色の地色に大小の眼状紋が並んでいます。表側は、オスは褐色、メスは茶褐色で、いずれも前翅に2〜3個、後翅に1個の眼状紋がみられますが、前翅の方が大きく見えます。比較的明るいところを好み、草原を低くリズミカルに飛んでいたりしますが、なかなかカメラには収まってくれません。幼虫は、カヤツリグサ科植物(ショウジョウスゲ、ヒカゲスゲ、ノガリヤスなど)、イネ科植物(ススキなど)を食べます。

<名前の由来>
 翅にヘビの目玉に似た丸い眼状紋(蛇の目)があることで命名されました。

<備考>
 オスよりメスの方が大きくなります。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★★☆☆
 市内では東部地区中心に低地から山地にかけてのススキ草原に生息してきましたが、低地及び台地では宅地開発や工場団地開発等で減少傾向にあります。幼虫の食餌植物である、カヤツリグサ科植物(ショウジョウスゲ、ヒカゲスゲ、ノガリヤスなど)、イネ科植物(ススキなど)周辺で観察できます。

☆生態写真

ジャノメチョウ♂(タテハチョウ科)  2019年7月2日午後、鯏川沿い(外之原町)で撮影

 2019年7月2日午後、鯏川沿い(外之原町)で撮影しましたが、しばらく葉上に止まっていたので、接写できました。

ジャノメチョウ♀(タテハチョウ科)  2019年8月22日昼、西高森山麓(廻間町)で撮影

 2019年8月22日昼、西高森山麓(廻間町)で撮影しましたが、しばらく葉上に止まって、翅を開閉していたのを望遠で捉えました。

ジャノメチョウ♀(タテハチョウ科)  2019年9月14日昼、隠山池付近(木附町)で撮影

 2019年9月14日昼、隠山池付近(木附町)で撮影しましたが、しばらく葉上に止まって、翅を開閉していたので、接写できました。

ジャノメチョウ♂(タテハチョウ科)  2020年6月20日午前、玉野町で撮影

 2020年6月20日午前、玉野町で撮影しましたが、しばらく葉上に止まっていましたが、一瞬翅を開いたので、接写しました。

ジャノメチョウ♀(タテハチョウ科)  2020年9月5日午前、みろくの森(明知町)で撮影

 2020年9月5日午前、みろくの森(明知町)で撮影しましたが、葉上に止まっていたところを望遠で捉えました。

 ☆雌雄比較 

オス  メス
   
ジャノメチョウ♂(タテハチョウ科)  ジャノメチョウ♀(タテハチョウ科) 

 オスは、翅の裏側は、濃黒色で、眼状紋が小さくなります。
 メスは、翅の裏側は、淡黒色で、眼状紋が大きく、白帯が目立ちます。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system