本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> アゲハチョウ科

カラスアゲハ

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

カラスアゲハ(烏揚羽)
学 名 Papilio bianor
科 名 アゲハチョウ科 
亜科名 アゲハチョウ亜科
族 名 アゲハチョウ族
属 名 アゲハチョウ属
時 期 年2回、4月〜9月
分 布 日本全土
大きさ (前翅長)45-80mm
(開張)75-120mm
生育地 平地から亜高山帯まで広く分布
<特徴>
 年2回の発生で、成虫は春から秋にかけて、平地から亜高山帯まで、日本全土で普通に見られるアゲハチョウの仲間ですが、国内でもいくつかの亜種があります。翅の裏側は、黒っぽく、後翅にオレンジ色の三日月模様が並んでいます。翅の表側は、青っぽい輝きが感じられ、後翅にオレンジ色または青色の三日月模様が並び、尾状突起があります。林の中を敏速に飛びまわっているのを見かけます。幼虫は、ミカン科植物(カラスザンショウ、コクサギ、イヌザンショ、ウンシュウミカン、ナツミカン、ユズなど)を食べます。

<名前の由来>
 花にとまって、密をすう時、羽を揚(あ)げてとまるアゲハチョウの仲間で、黒っぽいので烏(カラス)に例えて名付けられました。

<備考>
 春型と夏型があり、夏型の方が大きいのです。本土亜種、八丈島亜種、トカラ列島亜種、奄美亜種、沖縄亜種、八重山亜種がありますが、沖縄亜種を別種の「オキナワカラスアゲハ」として分類する場合もあります。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★☆☆☆
 市内の平地から山地にかけての樹木の多い場所に主に生息してきましたが、減少してきています。幼虫の食餌植物は、市街地では主にサンショウ、丘陵地や山地では主にコクサギ、カラスザンショウ、キハダなどですが、平地には少なく、山地では比較的多く見られます。成虫の蜜源となっているツツジ、ブッドレア、ヤブカラシ、クサギ、ヒガンバナなどの花に訪れているのを観察できます。

☆生態写真

カラスアゲハの春型♂(アゲハチョウ科)本土亜種 2019年6月4日午前、外之原峠付近で撮影

 2019年6月4日午前、外之原峠(標高約250m)付近で撮影しましたが、本土亜種です。

カラスアゲハの春型♂(アゲハチョウ科)本土亜種 2021年4月15日午後、外之原町で撮影

 2021年4月15日午後、外之原町で撮影しましたが、花で吸蜜しているところを接写しました。

☆雌雄比較 (本土亜種の夏型)

オス
   
カラスアゲハ♂(アゲハチョウ科) 2008年6月1日午前、「あじさい山公園」(入間郡越生町)で撮影
メス
 
カラスアゲハ♀(アゲハチョウ科) 2006年7月31日昼、見沼たんぼ(川口市)で撮影

 オスは、表側がメタリックで、前翅中央下方にビロード状の性標があります。
 メスは、表側の前翅が黒っぽくなります。

前種へ アゲハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system