本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

クロコノマチョウ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

クロコノマチョウ(黒木間蝶)
学 名 Melanitis phedima
科 名 タテハチョウ科
亜科名 ジャノメチョウ亜科
族 名 コノマチョウ族
属 名 コノマチョウ属
時 期 年3〜4回、3月〜11月
分 布 本州(関東以南)〜九州
大きさ (前翅長)32-45mm
(開張)60-80mm
生育地 森林、林縁。農地、河川

<特徴>
 年3〜4回の発生で、成虫は春から秋まで、本州(関東以南)から九州の平地〜丘陵地の樹林や農地周辺の薄暗い環境を好むジャノメチョウの仲間です。翅の裏側は波状(夏型)、枯葉状(秋型)で、オスは黒褐色、メスは赤褐色です。表側は濃褐色で、前翅の先端付近に橙縁で中が白い大きめの黒斑があります。夕方主に活動し、低い位置をゆるやかに不規則に飛翔して、時々地表に止まりますし、腐果や樹液に集まるので、シャッターチャンスがあります。幼虫はイネ科植物(ススキ、ジュズダマ、ヨシ、ダンチク、アブラススキ、オギ、マコモなど)を食べます。

<名前の由来>
 黒(クロ)っぽくて、木の間(コノマ)でよく見られる蝶(チョウ)ということから名前の由来となりました。

<備考>
 夏型と秋型があり、秋型はより大型で前・後翅の凹凸が強く、裏面が枯葉状となり、成虫で越冬します。


☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★☆☆☆
 市内では中部から東部にかけての平地〜丘陵地の樹林や農地周辺に主に生息しいますが、西部でも見られる場合があります。以前は市内には生息していなかったのですが、地球温暖化の影響で生息域が北上し、1980年代から愛知県内でも目撃されるようになりました。現在では、市内にも定着していて、結構見られるようになっています。雑木林の中で、幼虫の食餌植物であるイネ科植物(ススキ、ジュズダマ、ヨシ、ダンチク、アブラススキ、オギ、マコモなど)周辺や樹液、腐った果実、獣糞などに集まったところを観察できます。

☆生態写真

クロコノマチョウの夏型(タテハチョウ科) 2019年6月4日午前、外之原町で撮影

 2019年6月4日午前、外之原町で撮影しましたが、地表に止まっていたところを接写しました。

クロコノマチョウの夏型(タテハチョウ科) 2019年8月12日午前、玉野町で撮影

 2019年8月12日午前、玉野町で撮影しましたが、地表に止まっていたところをストロボを使って接写しました。

クロコノマチョウの秋型(タテハチョウ科) 2019年10月20日午後、築水の森(廻間町)で撮影

2019年10月20日午後、築水の森(廻間町)で撮影しましたが、葉上に止まっていたところ接写しました。

クロコノマチョウの秋型(タテハチョウ科) 2020年4月4日午後、道樹山麓(細野町)で撮影

 2020年4月4日午後、道樹山麓(細野町)で撮影しましたが、地表に止まっていたところを望遠で捉えました。

クロコノマチョウの秋型(タテハチョウ科) 2020年4月9日午後、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影

 2020年4月9日午後、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影しましたが、地表に止まっていたところを接写しました。

クロコノマチョウの秋型(タテハチョウ科) 2020年10月29日午後、大池緑地(西山町)で撮影

 2020年10月29日午後、大池緑地(西山町)で撮影しましたが、葉上に止まっていたところを接写しました。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system