本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> シジミチョウ科

クロマダラソテツシジミ(外来種)

データ 生育状況 生態写真

☆データ

クロマダラソテツシジミ
(黒斑蘇鉄小灰)
学 名 Chilades pandava
科 名 シジミチョウ科
亜科名 ヒメシジミ亜科
族 名 ヒメシジミ族
属 名 ソテツシジミ属
時 期 年3〜4回、6月〜11月
分 布 沖縄・九州・四国・本州南岸
大きさ (前翅長)15mm前後
(開張)30mm前後
生育地 農地、公園、人家など

<特徴>
 初夏に発生し、沖縄・九州・四国・本州南岸の農地、公園、人家などで見られるシジミチョウの一種です。翅の裏側は,淡褐色で外半分に白条を伴う褐色斑列、肛角部付近に黒斑を囲む赤斑があり、細長い尾状がある。表側は、オスが青紫色で黒色の縁があり、メスは、中央部に青色斑があり、後翅外縁に黒点列が目立ちます。幼虫は、ソテツを食べます。

<名前の由来>
 羽を閉じている時の様子がシジミ貝の内側に似ているために命名されたシジミチョウの一種で、黒斑(クロマダラ)があり、幼虫が蘇鉄(ソテツ)を食草とすることから名付けられました。

<備考>
 ソテツの食害が問題となっています。


☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●県内での希少度 ★★☆☆☆
 かつては国内に生息しなかったのですが、1992年に沖縄で初記録され、一時途絶えたものの、近年は南西諸島や九州南部で定着し、四国や本州の南岸でも見られるようになり、2017年には春日井市内でも確認されました。ソテツの植栽に合わせて侵入したとみられています。農地、公園、人家などに生息し、幼虫の食餌植物であるソテツ周辺で観察できますが、分散力が強いのが特徴です。

☆生態写真 (春日井市内の写真はありません)

クロマダラソテツシジミ♀ (シジミチョウ科) 2008年10月7日午前、大江(熊本県天草市)で撮影

 2008年10月7日午前、大江(熊本県天草市)で撮影しましたが、花で吸蜜していました。

クロマダラソテツシジミ (シジミチョウ科) 2008年10月9日朝、桜島港(鹿児島県鹿児島市)で撮影

 2008年10月9日朝、桜島港(鹿児島県鹿児島市)で撮影しましたが、地表に止まっていました。

クロマダラソテツシジミ (シジミチョウ科) 2008年10月9日午前、佐多岬(鹿児島県南大隅町)で撮影

 2008年10月9日午前、佐多岬(鹿児島県南大隅町)で撮影しました。


前種へ シジミチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system