本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

メスグロヒョウモン

データ  生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

メスグロヒョウモン(雌黒彪紋)
学 名 Damora sagana
科 名 タテハチョウ科
亜科名 ドクチョウ亜科
族 名 ヒョウモンチョウ族
属 名 メスグロヒョウモン属
時 期 年1回、6月〜7月、9月〜10月
分 布 北海道〜九州
大きさ (前翅長)30-40mm
(開張)65-75mm
生育地 平地の雑木林から山地の樹林周辺

<特徴>
 年1回の発生で、成虫は6月〜7月頃あらわれますが、低山地では真夏には一時夏眠、9月頃再び活動し、平地の雑木林から山地の樹林周辺で見られるタテハチョウの一種です。雄と雌では色合いが大きく異なり、雄の翅の裏側は、後翅に薄黄色地に茶色の線と赤褐色の帯が見られます。翅の表側は、褐色の地に黒斑(彪紋)がはっきりしています。しかし、雌では、翅の裏側は緑がかった地色に黒帯と白帯、翅の表側は、黒褐色の地色に白帯と白斑が目立ち、全く別種かと見間違えるほどです。幼虫は、スミレ科植物(タチツボスミレ、ツボスミレ、エイザンスミレなど)を食べます。

<名前の由来>
 雌(メス)の翅が黒(クロ)ぽくなっている、彪紋(ヒョウモン)蝶という意味で名付けられました。

<備考>
 オスには前翅の表側に性標が3本みられます。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●県内での希少度 ★★★★☆
 かつては東部地区の丘陵地から山地にかけて生息していて、少年自然の家に標本も残されていますが、減少してきていて、近年目撃情報がありません。幼虫の食樹植物であるタチツボスミレ、ツボスミレ、エイザンスミレなどのスミレ類や成虫の蜜源となる各種アザミ類、ヒヨドリバナ、オカトラノオ、オミナエシ、クガイソウ、ハナウド、フシグロセンノウ、などの生息する広葉樹林のギャップや、疎林をまじえた草地で見られる可能性があります。

☆生態写真 (春日井市内の写真はありません)

メスグロヒョウモン♂(タテハチョウ科) 2006年7月30日午前、「埼玉県民の森」(埼玉県秩父郡横瀬町)で撮影

 2006年7月30日午前、標高約900mの「埼玉県民の森」(埼玉県秩父郡横瀬町)で撮影しました。

メスグロヒョウモン♂(タテハチョウ科) 2006年9月10日午前、「美の山公園」(埼玉県秩父郡皆野町)で撮影

 2006年9月10日午前、標高約580mの「美の山公園」(埼玉県秩父郡皆野町)で撮影しました。

メスグロヒョウモン♀(たてはちょう科) 2006年10月9日朝、岩地海岸(静岡県松崎町)で撮影

 2006年10月9日朝、岩地海岸(静岡県松崎町)で撮影しましたが、オスとメスでは同じ蝶と思えないほど紋様が異なります。

メスグロヒョウモン♀(タテハチョウ科) 2007年7月16日午前、「さいたま緑の森博物館」(埼玉県入間市)で撮影

 2007年7月16日午前、狭山丘陵の「さいたま緑の森博物館」(埼玉県入間市)で撮影しましたが、しばらく吸蜜していたので、何枚か写真が撮れました。

メスグロヒョウモン♀(たてはちょう科) 2007年8月7日午前、北海道上川町で撮影

 2007年8月7日午前、北海道上川町の標高1,000m余の地点で撮影しましたが、しばらく花で吸蜜していたので接写できました。

メスグロヒョウモン♀(タテハチョウ科) 2016年10月20日午前、「秩父ミューズパーク」(埼玉県秩父市)で撮影

 2016年10月20日午前、「秩父ミューズパーク」(埼玉県秩父市)で撮影しましたが、柵に止まっていたのを接写しました。

 ☆雌雄比較 

オス  メス
   
メスグロヒョウモン♂ 2006年9月10日撮影 メスグロヒョウモン♀ 2007年7月16日撮影

 オスは、褐色の地に黒斑(彪紋)がはっきりしていますし、前翅の表側に3本の性標がみられます。
 メスの表側は、黒褐色の地色に白帯と白斑が目立ち、全く別種かと見間違えるほどです。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system