本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> アゲハチョウ科

ミヤマカラスアゲハ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

ミヤマカラスアゲハ
(深山烏揚羽)
学 名 Papilio maackii
科 名 アゲハチョウ科 
亜科名 アゲハチョウ亜科
族 名 アゲハチョウ族
属 名 アゲハチョウ属
時 期 年2回、3月〜10月
分 布 北海道〜九州
大きさ (前翅長)38-75mm
(開張)90-110mm
生育地 山地の樹林帯など
<特徴>
 年2回の発生で、成虫は春から秋まで、山地の樹林帯などで見られるアゲハチョウの仲間です。翅の裏側は、黒っぽく、後翅にオレンジ色の三日月模様が並んでいます。翅の表側は、青っぽい輝きが感じられ、後翅にオレンジ色または青色の三日月模様が並び、尾状突起がありますが、カラスアゲハより一段とメタリックな感じがして、とてもきれいです。林の中を敏速に飛びまわっているのを見かけますが、陽光に輝いて見えます。幼虫は、ミカン科植物(カラスザンショウ、キハダ、ハマセンダンなど)を食べます。

<名前の由来>
 花にとまって、密をすう時、羽を揚(あ)げてとまるアゲハチョウの仲間で、山地で多く見られるので深山(ミヤマ)、黒っぽいので烏(カラス)に例えて名付けられました。

<備考>
 春型と夏型があり、夏型の方がかなり大きいのです。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★★★☆
 主として、山地帯に生息していますが、ごくまれに丘陵地や平地で発生することもあります。春日井市内では過去の調査での記録はありませんが、少年自然の家に標本が残っていて、かつて東部丘陵で採取されたものと思われるものの、近年は目撃情報を聞いていません。幼虫の食餌植物であるミカン科植物(カラスザンショウ、キハダ、ハマセンダンなど)の周辺や成虫の蜜源となっているツツジ、タンポポ、クサギ等の花で観察できる可能性があり、林道などで、集団吸水する場合もあります。

☆生態写真 (春日井市内の写真はありません)

ミヤマカラスアゲハ(あげはちょう科) 2005年6月25日午後、丸沼周辺(群馬県片品村)で撮影

 2005年6月25日午後、標高1,428mの丸沼周辺(群馬県片品村)で撮影しましたが、レンゲツツジの花を飛びまわって吸蜜していました。

ミヤマカラスアゲハ(あげはちょう科) 2005年6月26日昼頃、武尊牧場(群馬県片品村)で撮影

 2005年6月26日昼頃、標高約1,500mの武尊牧場(群馬県片品村)で撮影しましたが、レンゲツツジの花を飛びまわって吸蜜していました。

ミヤマカラスアゲハ(あげはちょう科) 2006年7月9日午前、置戸町内(北海道)で撮影

 2006年7月9日午前、置戸町内(北海道)で撮影しましたが、エゾユリの花で吸蜜していたところを写しました。

ミヤマカラスアゲハ(あげはちょう科) 2006年8月5日午前、中津川林道(埼玉県秩父市)で撮影

 2006年8月5日午前、中津川林道(埼玉県秩父市)の標高約900m地点で撮影しましたが、林道上で吸水していました。

ミヤマカラスアゲハ(あげはちょう科) 2006年8月26日朝、乗鞍高原(長野県松本市)で撮影

 2006年8月26日朝、乗鞍高原(長野県松本市)の標高約1,500mの所で撮影しましたが、花で吸蜜していました。

ミヤマカラスアゲハ(アゲハチョウ科) 2013年7月20日午後、中津川(埼玉県秩父市)で撮影

 2013年7月20日午後、中津川(埼玉県秩父市)で撮影しましたが、ヤマユリの花で吸蜜していました。

ミヤマカラスアゲハ(あげはちょう科) 2014年8月18日昼、大平高原(長野県飯田市)で撮影

 2014年8月18日昼、大平高原(長野県井飯田市)の標高約1,300m地点で撮影しましたが、林道上で吸水していました。

前種へ アゲハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system