本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

オオウラギンスジヒョウモン

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

オオウラギンスジヒョウモン
(大裏銀筋彪紋)
学 名 Argyronome ruslana
科 名 タテハチョウ科
亜科名 ドクチョウ亜科
族 名 ヒョウモンチョウ族
属 名 ウラギンスジヒョウモン属
時 期 年1回、6月〜7月、9月〜10月
分 布 北海道〜九州
大きさ (前翅長)34-43mm
(開張)70mm前後
生育地 山地の樹林周辺、草地など

<特徴>
 年1回の発生で、成虫は6月〜7月頃あらわれますが、低山地では真夏には一時夏眠し、9月頃再び活動するタテハチョウの一種です。翅の裏側は、黄褐色の地に前翅には黒斑、後翅には、中央に白色斑列があり、銀色の筋のようにも見えます。翅の表側は、褐色の地に黒斑(彪紋)が見られますが、オスには前翅の表側に性標が3本あります。幼虫は、スミレ科植物(タチツボスミレなど)を食べます。

<名前の由来>
 大(オオ)型の彪紋(ヒョウモン)蝶で、羽の裏側に銀(ギン)色の筋(スジ)があるのでこの名前が付きました。

<備考>
 オスよりメスの方がやや大きいのです。


☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 準絶滅危惧(NT)

●春日井市内での希少度 ★★★☆☆
 東部の山地の樹林地周辺、草地などに主に生息し、成虫は初夏から秋に見られるタテハチョウの仲間で、数はすくないものの、秋には低地の方へ移動するものもいるので、西部や中部でも見られる可能性もあります。幼虫の食餌植物であるスミレ科植物(タチツボスミレなど)周辺やイネ科植物(チシマザサ、ネザサ、クマザサなど)周辺や成虫の蜜源となるアザミ類などの花で観察することができます。

☆生態写真 (春日井市内の写真はありません)

オオウラギンスジヒョウモン♀(タテハチョウ科) 2000年9月16日、鳥海山麓(秋田県鳥海町)で撮影

 2000年9月16日、鳥海山麓(秋田県鳥海町)で撮影しました。

オオウラギンスジヒョウモン♂(タテハチョウ科) 2005年7月17日、大石ダム付近(新潟県関川村)で撮影

 2005年7月17日、標高約200mの大石ダム付近(新潟県関川村)で撮影しました。

オオウラギンスジヒョウモン♂(タテハチョウ科) 2006年8月5日午前、三国峠付近(埼玉県秩父市)で撮影

 2006年8月5日午前、標高1,740mにある三国峠付近(埼玉県秩父市)で撮影しました。

オオウラギンスジヒョウモン♀(たてはちょう科) 2007年10月21日午前、「蝶の里公園」(埼玉県比企郡嵐山町)で撮影

2007年10月21日午前、「蝶の里公園」(埼玉県比企郡嵐山町)で撮影しましたが、花で吸蜜していたので、接写できました。

オオウラギンスジヒョウモン♀(たてはちょう科) 2014年7月6日午後、「さいたま緑の森博物館」(埼玉県入間市)で撮影

 2014年7月6日午後、狭山丘陵にある「さいたま緑の森博物館」(埼玉県入間市)で撮影しましたが、オカトラノオの花で吸蜜していたので、接写できました。

オオウラギンスジヒョウモン♀(たてはちょう科) 2014年8月18日昼、大平高原(長野県飯田市)で撮影

 2014年8月18日昼、大平高原(長野県井飯田市)の標高約1,300m地点で撮影しましたが、花で吸蜜していたところを接写しました。

オオウラギンスジヒョウモン♀(たてはちょう科) 2015年9月28日午後、見沼たんぼ(埼玉県さいたま市緑区)で撮影

 2015年9月28日午後、見沼たんぼで撮影しましたが、「見沼自然公園」付近(埼玉県さいたま市緑区)の畑地で吸蜜していたのを接写しました。

 ☆雌雄比較 

オス  メス
   
オオウラギンスジヒョウモン♂ 2006年8月5日撮影 オオウラギンスジヒョウモン♀ 2014年7月6日撮影

 オスは、前翅の表側に3本の性標がみられます。
 メスは、前翅の表側の先端近くに小白斑があるので、識別できます。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system