本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

スミナガシ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

スミナガシ(墨流)
学 名 Dichorragia nesimachus
科 名 タテハチョウ科
亜科名 イシガケチョウ亜科 
族 名 スミナガシ族
属 名 スミナガシ属
時 期 通常年2回、5月〜8月
分 布 本州〜沖縄
大きさ (前翅長)32-44mm
(開張)55〜65mm  
生育地 丘陵地から山地の広葉樹林など
<特徴>
 通常年2回の発生で、成虫は春から夏まで、平地から山地の広葉樹林の周辺などで見られるタテハチョウの仲間です。翅の裏側は暗色で、前翅の中央部から外縁に細い白斑が並んでいます。青緑色の光沢があり、外縁部を中心に白色の斑紋が散らばって、後翅中央部付近に青斑があります。昼の暑い時間帯は休んでいる場合が多く、夕方になると活発に飛翔し、オスは占有行動をとる性質があります。幼虫は、アワブキ科植物(アワブキ、ミヤマハハソ、ヤマビワ、ナンバンアワブキなど)を食べます。

<名前の由来>
 翅が、墨(スミ)を流し(ナガシ)たような模様に見えるので、この名が付きました。

<備考>
 外見による雌雄の判別はなかなかたいへんです。本土亜種、奄美・沖縄亜種、八重山亜種があります。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●県内での希少度 ★★★★☆
 丘陵地から山地の広葉樹林周辺で、成虫は春から夏にかけて見ることができ、少年自然の家に標本も残されていましたが、個体数は多くなく、市内での近年の目撃情報が途絶えています。幼虫の食餌植物であるアワブキ科植物(アワブキ、ミヤマハハソ、ヤマビワ、ナンバンアワブキなど)のあるところや樹液や獣糞、地表での吸水で観察できる可能性もあります。

☆生態写真 (春日井市内の写真はありません)

スミナガシ(タテハチョウ科) 2016年5月18日午後、「美の山公園」(埼玉県秩父市・皆野町)で撮影

 2016年5月18日午後、「美の山公園」(埼玉県秩父市・皆野町)で撮影しましたが、建物の壁に止まっていました。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system