本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

テングチョウ

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

テングチョウ(天狗蝶)
学 名 Libythea celtis
科 名 タテハチョウ科
亜科名 テングチョウ亜科
属 名 テングチョウ属
時 期 通常年1回、5月〜11月
分 布 日本各地
大きさ (前翅長)19-29mm
(開張)40〜50mm  
生育地 広葉樹林の周辺など

<特徴>
 通常年1回の発生で、成虫は春から秋まで、広葉樹林の周辺などで見られますが、成虫で越冬するので、暖かい冬の日に出てくる場合があります。系統的に古い蝶といわれており、日本で生息しているのは、テングチョウ亜科では1属1種のみです。翅の裏側は枯葉模様で、木の枝にとまっているとわからなくなります。表側は、茶褐色の地色に大きなオレンジ斑が見られます。また、頭部に鼻のように見える下唇鬚(パルピ)があるのが特徴となっています。幼虫は、ニレ科植物(エノキ、エゾエノキ、クワノハエノキ)を食べます。

<名前の由来>
 頭部が天狗(テング)の鼻のように見えることからテングチョウと名付けられました。

<備考>
 本土亜種と南西諸島亜種があります。


☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★☆☆☆☆
 市内に広く生息し、成虫は春から秋まで見られるタテハチョウの仲間です。平地から山地の広葉樹林に主に生息していますが、都市近郊の公園や寺社林等で幼虫の食餌植物であるニレ科植物(エノキ、エゾエノキ、クワノハエノキ)がある周辺でも見られる場合があります。クリなどの各種の花や樹液があるところでも観察できます。

☆生態写真

テングチョウ(タテハチョウ科)本土亜種 2019年3月29日午後、筑水の森付近(廻間町)で撮影

 2019年3月29日午後、筑水の森付近(廻間町)で撮影しましたが、一瞬地表に止まったのでシャッターを切りました。

テングチョウ♀(タテハチョウ科)本土亜種 2019年4月5日午後、大谷山頂付近で撮影

 2019年4月5日午後、大谷山頂(標高425m)付近で撮影しましたが、地表に止まったので接写しました。

テングチョウ♂(タテハチョウ科)本土亜種 2020年4月19日午後、朝宮公園(朝宮町)で撮影

 2020年4月19日午後、朝宮公園(朝宮町)で撮影しましたが、地表に止まっているところでシャッターを切りました。

テングチョウ(タテハチョウ科)本土亜種 2020年6月2日午前、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影

 2020年6月2日午前、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影しましたが、地表に止まっているところでシャッターを切りました。

テングチョウ♀(タテハチョウ科)本土亜種 2020年11月5日午後、落合公園(東野町)で撮影

 2020年11月5日午後、落合公園(東野町)で撮影しましたが、枯草に止まっているところを接写しました。

テングチョウ(タテハチョウ科)本土亜種 2021年4月20日午後、大池緑地(西山町)で撮影

 2021年4月20日午後、大池緑地(西山町)で撮影しましたが、葉上に止まったところを望遠で捉えました。

☆雌雄比較

オス  メス
   
テングチョウ♂ 2005年7月31日撮影 テングチョウ♀ 2006年3月25日撮影

 オスは、表側の前翅の橙斑がメスよりも小さくなります。
 メスは、表側の前翅の橙斑がオスよりも大きく、小さな橙斑がくっついているので識別できます。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system