本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

ミスジチョウ

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

ミスジチョウ(三筋蝶)
学 名 Neptis philyra
科 名 タテハチョウ科
亜科名 イチモンジチョウ亜科
族 名 ミスジチョウ族
属 名 ミスジチョウ属
時 期 年1回、6月〜7月
分 布 北海道〜九州
大きさ (前翅長)31-37mm
(開張)65mm前後
生育地 山地の樹林など

<特徴>
 年1回の発生で、夏に成虫が出現し、山地の樹林などで見られるタテハチョウの一種です。翅の裏側は茶色地に白線が入り、表側は濃茶色地に三本の白い帯が目立ちます。ゆるやかに、スーッと飛ぶ独特な飛び方をします。幼虫は、カエデ科植物(カエデ、ヤマモミジ、タカオカエデなど)を食べます。

<名前の由来>
 羽を開いた時の模様が、白い3本の横筋線が目立つので「ミスジ」と命名されました。

<備考>
 オスとメスが似ています。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★★★☆
 市内での各種調査では、確認されていませんが、隣接する瀬戸市定光寺地区には、確実に生息しています。その中で、近年に春日井市内の定光寺駅付近での目撃情報もあるので、見られることもあると思われます。幼虫の食樹植物はカエデ科植物なのでその周辺で確認できる可能性もあります。

☆生態写真 (春日井市内の写真はありません)

ミスジチョウ(たてはちょう科) 2005年7月24日午前、奥裾花自然園(長野県長野市)で撮影

 2005年7月24日午前、標高約1,200mにある奥裾花自然園(長野県長野市)で撮影しましたが、ブナ林の中を飛んでいました。

ミスジチョウ(タテハチョウ科) 2006年8月20日午後、小倉沢(埼玉県秩父市)で撮影

 2006年8月20日午後、小倉沢(埼玉県秩父市)の標高約1,000mの地点で撮影しましたが、沢沿いを飛んでいました。

ミスジチョウ♀(タテハチョウ科) 2013年7月21日午後、中津川(埼玉県秩父市)で撮影

 2013年7月21日午後、中津川(埼玉県秩父市)の標高約700mの地点で撮影しましたが、川沿いを飛んでいました。

ミスジチョウ♂(タテハチョウ科) 2015年5月17日午後、「さいたま緑の森博物館」(埼玉県入間市)で撮影

 2015年5月17日午後、狭山丘陵の「さいたま緑の森博物館」(埼玉県入間市)で撮影しましたが、地表に止まっていました。

ミスジチョウ♂(タテハチョウ科) 2016年5月18日午後、「秩父ミューズパーク」(埼玉県秩父市)で撮影

 2016年5月18日午後、「秩父ミューズパーク」(埼玉県秩父市)で撮影しましたが、葉上に止まっていました。

ミスジチョウ(タテハチョウ科) 2017年5月30日午後、「あじさい山公園」(埼玉県越生町)で撮影

 2017年5月30日午後、「あじさい山公園」(埼玉県越生町)で撮影しましたが、葉上に止まっていたのを望遠で捉えました。

ミスジチョウ(タテハチョウ科) 2020年6月29日午前、定光寺(愛知県瀬戸市)で撮影

 2020年6月29日午前、定光寺(愛知県瀬戸市)で撮影しましたが、地表や葉上に止まっているところを望遠で捉えました。

 ☆雌雄比較 

オス  メス
   
ミスジチョウ♂ 2016年5月17日撮影 ミスジチョウ♀ 2013年7月21日撮影

 オスは、裏側の後翅前縁から最初の支脈までの間隔が広くなります。
 メスは、裏側の後翅前縁から最初の支脈までの間隔が狭く、オスより大型なので、識別できます。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system