本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<埼玉県の蝶> アゲハチョウ科

アオスジアゲハ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

アオスジアゲハ(青筋揚羽)
学 名 Graphium sarpedon
科 名 アゲハチョウ科 
亜科名 アゲハチョウ亜科
族 名 アオスジアゲハ族
属 名 アオスジアゲハ属
時 期 年3〜4回、4月〜10月
分 布 本州〜沖縄
大きさ (前翅長)32-45mm
(開張)65-90mm
生育地 公園、山地の照葉樹林、海岸付近など
<特徴>
 年3〜4回の発生で、成虫は春から秋まで、公園、山地の照葉樹林、海岸付近などで見られるアゲハチョウの仲間です。翅の裏側も表側も黒褐色地に青緑色の帯が目立ちます。飛翔力が強く、元気に空高く飛んでいくのを見かけます。幼虫は、クスノキ科植物(クスノキ、ヤブニッケイ、タブノキなど)を食べます。

<名前の由来>
 花にとまって、密をすう時、羽を揚(あ)げてとまるアゲハチョウの仲間で、羽に青緑色の筋(アオスジ)が目立つので、名付けられました。

<備考>
 春型と夏型があり、夏型の方が大きいのです。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★☆☆☆☆
 市内全域に生息していて、市街地でも見られる暖地系のアゲハチョウの一つです。平地から山地の照葉樹林にいますが、幼虫の食餌植物であるクスノキ科植物(クスノキ、ヤブニッケイ、タブノキなど)が、都市公園の緑化樹や街路樹として広く植えられているため、市街地でも見ることができ、成虫の蜜源となっているヒメジョオン、ヤブガラシなどの花や地表で吸水している所でも観察できます。

☆生態写真

アオスジアゲハの春型(アゲハチョウ科) 2019年4月25日午後、二子山公園(二子町)で撮影

 2019年4月25日午後、二子山公園(二子町)で撮影しましたが、シロツメクサの花で吸蜜していたところを望遠で捉えました。

アオスジアゲハの春型(アゲハチョウ科) 2019年5月5日午後、朝宮公園(朝宮町)で撮影

 2019年5月5日午後、朝宮公園(朝宮町)で撮影しましたが、河原にいたところを望遠で捉えました。

アオスジアゲハの春型♀(アゲハチョウ科) 2019年5月25日午後、西尾町で撮影

 2019年5月25日午後、西尾町で撮影しましたが、クスノキの葉上で産卵していました。

アオスジアゲハの夏型(アゲハチョウ科) 2019年10月6日午前、王子製紙春日井工場周辺(王子町)で撮影

 2019年10月6日午前、王子製紙春日井工場周辺(王子町)で撮影しましたが、花で吸蜜していたところを望遠で捉えました。

アオスジアゲハの夏型(アゲハチョウ科) 2020年8月11日午前、八田川沿い(花長町)で撮影

 2020年8月11日午前、八田川沿い(花長町)で撮影しましたが、花で吸蜜していたところを望遠で捉えました。

アオスジアゲハの夏型♀(アゲハチョウ科) 2020年9月5日午前、築水の森(廻間町)で撮影

 2020年9月5日午前、築水の森(廻間町)で撮影しましたが、クスノキの葉上で産卵していました。

前種へ アゲハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system