本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

ホシミスジ

データ 生息状況 生態写真

☆データ

ホシミスジ(星三筋)
学 名 Neptis pryeri
科 名 タテハチョウ科
亜科名 イチモンジチョウ亜科
族 名 ミスジチョウ族
属 名 ミスジチョウ属
時 期 通常年1回、6月〜7月
西日本は年2〜3回、5月〜10月
分 布 本州〜九州
大きさ (前翅長)23-34mm
(開張)60mm前後
生育地 樹林周辺、草地、露岩地、市街地

<特徴>
 通常年1回、西日本では年2〜3回の発生で、春から秋に成虫が出現し、樹林周辺、草地、露岩地、市街地などで見ることができるタテハチョウの仲間です。翅の裏側は茶色地に白線が入り、後翅基部に星のような黒斑あるので、コミスジミスジチョウなどと識別できます。また、表側は濃茶色地に三本の白い帯が目立ちます。軽やかに飛び、なかなかとまらないので、撮影には苦労します。幼虫は、バラ科植物(シモツケ、ホザキシモツケ、イワシモツケ、アイズシモツケ、イブキシモツケ、イワガサ、ユキヤナギ、コデマリなど)を食べます。

<名前の由来>
 羽を開いた時の模様が、白い3本の横筋線が目立つので「ミスジ」と命名されたのですが、その中でも後翅裏側の基部に星(ホシ)のような黒斑があるのでこの名が付きました。

<備考>
 メスはオスよりやや大きく、翅が丸味をおびます。

☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★★★☆☆
 本来は、低山帯から山地帯にかけて点々と分布し、シモツケ、ユキヤナギ、コデマリなどシモツケ類が生育する林縁の明るい草地や石灰岩の崖地などに生息していました。しかし、公園等の植木として、シモツケ類の移植に伴い、都市部でも見られるようになってきています。市内でも近年確認されるようになってきました。

☆生態写真

ホシミスジ(タテハチョウ科) 2020年6月9日午前、西尾町で撮影

 2020年6月9日午前、西尾町で撮影しましたしましたが、木の上の方に止まったのを望遠で捉えました。

ホシミスジ(タテハチョウ科) 2020年8月1日午前、筑水の森(廻間町)で撮影

 2020年8月1日午前、筑水の森(廻間町)で撮影しましたしましたが、葉上に止まったところを接写しました。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system