本文へスキップ

春日井市内の蝶の観察と写真、資料を掲載しています。

メールでのお問い合わせは
gauss@js3.so-net.ne.jp

<蝶の写真集> タテハチョウ科

サトキマダラヒカゲ

データ 生息状況 生態写真 雌雄比較

☆データ

サトキマダラヒカゲ
(里黄斑日陰)
学 名 Neope goschkevitschii
科 名 タテハチョウ科
亜科名 ジャノメチョウ亜科
族 名 マネシヒカゲ族
属 名 キマダラヒカゲ属
時 期 年1〜2回、5月〜8月
分 布 北海道〜九州
大きさ (前翅長)26-39mm
(開張)60-65mm
生育地 平地から低山地の雑木林の周辺など

<特徴>
 年1〜2回の発生で、成虫は春から夏まで、平地から低山地の雑木林の周辺などで普通に見られるジャノメチョウの仲間です。翅の裏側は白と黄と黒の入り交じった文様で、眼状紋が並んでいます。表側は、茶褐色の地色に橙黄色の斑と線が見られます。樹木や地面に時々とまりますが、羽を閉じているので、飛翔時以外に表側を撮影するのは難しいのです。幼虫は、イネ科植物(チシマザサ、シナノザサ、ススキなど)を食べます。

<名前の由来>
 陽光を避けて曇天や夕刻によく飛びまわるヒカゲチョウの中で、里(サト)で多く見られ、黄色の斑(キマダラ)模様があるので命名されました。

<備考>
 ヤマキマダラヒカゲとよく似ていて、識別はなかなか難しいのです。


☆生息状況
●環境省レッドリスト 

●愛知県レッドデータブック(2020) 

●春日井市内での希少度 ★☆☆☆☆
 ほぼ市内全域で、春から夏まで見られる可能性のあるジャノメチョウの仲間です。平地から低山地の雑木林の周辺などに生息しますが、飛翔力が強いので市街地でも見かける場合があります。幼虫の食餌植物はチシマザサ、シナノザサ、メダケ、アズマネザサなどのタケ・ササ類で、その周辺や樹液や熟した果物、動物の糞などに集まったところを観察できます。

☆生態写真

サトキマダラヒカゲ春型(タテハチョウ科) 2019年5月15日午後、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影

 2019年5月15日午後、潮見坂平和公園(大泉寺町)で撮影しましたが、翅を開かなかったので表側は撮れませんでした。

サトキマダラヒカゲの夏型(タテハチョウ科) 2019年7月28日午後、西高森山麓(廻間町)で撮影 

 2019年7月28日午後、西高森山麓(廻間町)で撮影しましたが、暗い木陰でシャッターを切りました。

サトキマダラヒカゲの夏型(タテハチョウ科) 2019年8月3日午前、西尾町で撮影 

 2019年8月3日午前、西尾町で撮影しましたが、葉上にしばらく止まっていたので、接写しました。

サトキマダラヒカゲの春型(タテハチョウ科) 2020年5月20日午前、隠山池周辺(木附町)で撮影 

 2020年5月20日午前、隠山池周辺(木附町)で撮影しましたが、葉上にしばらく止まっていたので、接写できました。

サトキマダラヒカゲの夏型(タテハチョウ科) 2020年8月8日午前、落合公園(東野町)で撮影 

 2020年8月8日午前、落合公園(東野町)で撮影しましたが、木の幹にしばらく止まっていたので、接写しました。

 ☆雌雄比較 春型

オス  メス
   
サトキマダラヒカゲの春型♂(タテハチョウ科) サトキマダラヒカゲの春型♀(タテハチョウ科)

 オスは、腹部が細く、翅の表側は、前翅中央に性標があります。
 メスは、腹部が太く、翅の表側は、黄色斑が発達し、裏側は、オスより淡くなります。

前種へ タテハチョウ科目次 次種へ

……蝶の掲示板を設けています。ぜひご利用下さい……
ガウスの蝶の画像掲示板
蝶についてのご質問、疑問、情報などありましたら書き込んで下さい。私が、お答えいたします。

このページの先頭へ
トップページ INDEXへ
姉妹編「蝶の写真館」へ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp

ナビゲーション

inserted by FC2 system